菊の挿し芽の方法です!簡単編

私がやっている菊の挿し芽の方法です。レベルとしては超簡単、とりあえず根っこがでれば、とりあえず秋になんとなく咲いたらいいな~くらいのものです。なので、本格的にやりたい方(大菊7本仕立て,とか、菊花展に出すとかをやりたい方)には全く参考になりませんが、それでもいいぞ!という方はぜひチャレンジしてください。

 

用意するもの

前年の菊の芽、あとは土、水、小さいポット、お箸、あればルートン(発根促進剤)です。

挿し芽の時期

4月末がいいですが、遅くなっても6月末くらいまでなら大丈夫です。

挿し芽の仕方

まずはポットに土を入れます。

f:id:happy813:20180430165223j:plain

菊の茎を切ります。この際、斜めとかまっすぐに切るのではなく、V字に切るといいです。(なぜかは知りませんが)

f:id:happy813:20180430165637j:plain

ルートンを切り口につけます。先を粉の中に入れるだけです。

f:id:happy813:20180430165305j:plain

お箸でポットの土に穴を開け、茎を挿す場所を作ってやります。

f:id:happy813:20180430165659j:plain

で、挿したところです。軽く土を押さえて安定させます。

f:id:happy813:20180430165319j:plain

とりあえず6コ作りました。

f:id:happy813:20180430165335j:plain

注意点

私が注意している事は、挿し芽した後、しばらくはあまり日の当たらない場所に置く事です。 あんまりガンガン日が当たると、根が出る前に枯れてしまいます。

しばらく、というのは、季節によります。暑い時期は1週間くらいは日陰で、4月など、まだ肌寒い時期がある場合は3日くらいで日にあてます。

と言っても、いつ挿し芽したか、昨日だったか、はて?という時があります。そんなときは、日向に出して、芽がしょぼ~んとしおれてきたら日陰に入れます。そして元気になったら、また日向へ出します。

日向でしおれなくなったら、多分大丈夫です。

だいたいこんな適当な感じでやっています。

1日後

そして挿し芽して数時間後にはしおれてきます。中には元気なのもいてますが、、、。日陰に置いて様子をみます。そうするとまた元気になってきます。

そして1日後です。

f:id:happy813:20180504154818j:plain

茎が立っているので、今年もこのままいくと無事に発根しそうです。この後、1か月後くらいに芽の先を軽くひっぱってみて、すっと抜けなければ挿し芽成功です。

秋には菊!をぜひ楽しみましょう!