毎日ちょこっと

洋裁と庭のいろいろ

フッ素加工のフライパンを長く使おう実験 その3 気づいた事

うちのフライパン、あれから、、、

 

実験といいながら、限りなくいい加減ですが、引き続きやっています。

 

8月はほとんど毎日使いました。使っていないのは3日だけです。でも1日2回使ったりした日もあるのでほぼ毎日といったところでしょうか。まだまだするするした手触りです。特に引っかかりもなく、フッ素加工が剥げてきた感じもありません。もちろん8月末に焼きましたが、餃子もこびりついていません。この前チャーハンをしましたが、こちらもこびりつかず、ストレスゼロです。このままだといいな、、、。

 

 

気づいた事

 

フッ素加工の熱くなったフライパンに、急な温度差はよくないから調理したばかりのところに水をすぐ入れない、ということにして使っていました。理由は加工がはがれやすくなるからです。

 

でもあっつ~いところに水を入れたら汚れってとれやすいよね~とか思いながら我慢我慢。ほどよく冷えたところで水を入れて汚れをふやかしてから洗っていました。またはボロ布で汚れをさっと拭き取りました。新しいうちは汚れもこびりつかないのでとれやすいです。そんなことにもすぐ慣れてきました。

 

しかし、まてよ、冷たい水は入れてないけど、他に冷たい物を入れてるんじゃ?

 

たとえば、冷蔵庫から出してきてすぐの物。熱く熱したフライパンの上にお肉をジュウ~!とか、、、。焼きそばをざざ~っ!とか、、、。もやしを袋からバッサバサ、、、。そして餃子を並べてじゅううううう~っ!レシピ本とかには、熱したフライパンに、とか書いてあるし、、、。これじゃ水を入れてるのと変わらないんじゃないか?ひょっとしてお肉も常温にしてから焼いた方がフライパンの持ち具合にはいいんじゃないか?いや、冬ならともかく、日本のこの暑い夏で常温になるのを待っていたら、ちょっと気になるよね、、、。いや、そんなすぐに腐ったりはしないけどね、、、。

 

どうしましょうか?

 

結論

 

正確さを求めるならこれらもだめなんでしょうけれど、やはり主婦のキッチンの片隅でやっているエセ実験なので、大目に見ることにします。あくまでゆる~く行きたいと思います。なのでタイトルもエセ、ってつけないとだめかな、、、?

 

フッ素加工のものはだいたい寿命が1~2年だそうです。幅がありますね、、、。うちの安いフライパンはどうでしょうか?この値段の安かったフライパンがこびりつくようになったら今度は“売り場で一番高いフライパン”を買ってみて実験したいと思います。いや、そんな上等は買えないからやめようかな、、、?