毎日ちょこっと

洋裁と庭のいろいろ

フライパンを長く使おう実験?

フッ素加工のフライパンですが、あれって、何日使っていますか?

 

私はカウントしたことないのでわからないのですが、先日もこびりつきまくるようになったので、買い替えました。餃子を焼くのにこびりつくと、皮が底について剥がれてしまいますよね。あれ困ります。パリパリの皮がおいしいのにとても残念です。途中ひっくり返すとか混ぜるとかいうものは、あんまりこびりつかないのに、餃子はじーっと動かさずに焼くからフライパンがダメだと必ずと言っていいほどこびりつきます。油をひきまくればいいのでしょうが、なるべく油は控えめにしたいし。

 

そんなわけで、この度、フッ素加工のフライパンを長く使おう実験?をしてみることにしました。素人の適当な実験なので、方法はいたって適当です。

 

 

実験方法

1. フライパンって


これは、あえて売り場で一番安いものを購入。安いので長く使えれば、高価なものはもっとも使えるかなと思ったので。


私が買ったのがこれです。798円税別です。買ったばかりで手触りがスルスルしています。

 


売り場には2000円台の物もありました。ただ、フッ素加工とはかかれてはおらず、マーブル加工となっていましたが、いいことにします。同じフッ素加工の物と並んで売っていたので。(適当)


2. 餃子を焼いて、皮が剥がれるようになるまで、もしくは他のメニューでこびりつきが気になるようになるまでの日数をカウントする。


あくまで適当なので、餃子は私の気が向いた時だけしか焼きません。このフライパンは、焼きそばとか、チャーハンとか、野菜炒めとか、私がいつもの使い方で使います。何回使ったかは数えません。使い始めてからの日数をカウントします。使わない日もあります。本当に適当を通り越していいかげんな実験ですが多めに見てやってください。子どもが夏休みなので勝手に焼きそばを作るかもしれませんので、今月は使用回数が多めかも。


3. 気を付ける事2点


 その1. なるべく長持ちするようにに使います。いったん普通に使ってみて、それから長持ちするように使って、両方を比較するといいのですが、そうなると時間もお金もかかるので、やめます。せこくてごめんなさい。


 その2. 熱いフライパンにいきなり水をいれたりして、温度を下げないことにします。これは、パッケージにも書かれていました。ラジオかテレビかなんかでも知ったのですが、空焚きよりもいきなり熱いところに水とか入れて冷やす方がフライパンにはよくないそうです。これでかなりもちました!とか聞いたので、試しにやってみます。使った後汚れが落ちやすいようにすぐよく水を入れるのですが、冷めてからにします。


以上です。

 

まとめ

普段は荒っぽく使っていると思うので、これで少しはましになるでしょうか?ちょっとのことですが長持ちするなら、その方がいいですよね。


今回は一番安いフライパンですが、これが終わればもう少しお値段高めのフライパンで比較してみたいです。ちょっとなんだかワクワクしている私です。