毎日ちょこっと

庭の事とか縫物とか毎日の事とか

洋裁の通信講座やってます

洋裁の通信講座をやっています。

現在のところは、初回の課題、自分サイズの原型作りを終えて、次の課題のパンツに取り組んでいるところです。

きっかけ

さてさて、なぜ通信講座をやり始めたか?やはり書きたいと思います。今まで、ほとんど自己流でやってきたので、少しちゃんとやりたいなと思ったのがきっかけです。ほとんど、というのは、過去に洋裁教室に少しだけ、通ったことがあるからです。部分縫いというのか、ポケットや、ボタン付け、剣ボロとかの練習をして、原型作図、などを習いました。一番心に残っているのはスカートです。当時はタイトで後ろベンツがはやっていました。そんな形のものばかり初期に作った記憶があります。結構気に入っていて、流行に合わせて丈を短く変えたりして割と長く着続けました。結婚するときにも持ってきました。ところでそれらは作った記憶はあるものの、やり方は全部忘れてしまいました。30年ほど経っているから忘れても仕方ないか?いや、普通の人は忘れないんですよね。でも月謝がもったいないのは確かです。

なのでほとんど初心者です。裏地をつけたりするのも一応やりましたが、どうも苦手意識があります。やめてからは木綿ばかり縫っていたし、子どもの服ばかり作っていたし。

子どもの服とかを作っていましたが、久しぶりにちょっとまともな服をつくりたいな、ジャケットとか作りたいなあと思っていたら、ちょうどいいところに、通信講座がありました。文化式の新しい原型も作れそうです。(誰かに監視してもらわないときちんと作らない性格なのです。)

これなら自分の都合のいい時にできるし、調べたらジャケットも提出課題のひとつなので、いやでも作るんじゃないか?と思いました。とにかくジャケットが作りたい。キチンと作りたい。受講金額も思ったより高くありません。(2016年8月で46000円 値上げあり)期間は1年で、延長ももう1年は無料で可能です。

やりきる時間はあるのか?とか思いましたが、やりたい事に使う時間はきっとあるはずだよね~と思い申し込みました。ダメだったら詳しいテキストを買ったんだと思えばいいんだし。なんて適当な考えですみません。それよりやりきる根性がなさそうです。

洋裁の夢

夢は次男の高校の卒業式に自作のジャケットで出席することです。できなかったら、、、次男の大学入学式までのばします。まあ、数日しか延びませんが。浪人したらさらに一年延長なので?、じっくりできそうです。とかなんとかいいながら、実は結構さぼっています。ちょっと、いえ、かなりがんばらないといけません。早くも落ちこぼれています。今通信講座で画像検索をしたら、みなさん立派な、難易度の高い、かつ出来上がりのレベルの高い課題を作っておられます。もう劣等感いっぱいです、、、。なんかしょっぱなから、ネガティブですが、めげるな私!

 

今までからも、入学式には自作のスーツで、とか漠然と思っていたのですが、あっというまに子どもたちは大きくなり、それに反対するかのように私の洋裁の技術はちっとも上達せず、、、。もうあと式という名の物は次男の卒業、入学式しかありません。私の夢をかなえる最後のチャンスです。今のところ次男は大学受験をすると言っていますが、やる気のなさはマックスです。いつ何時、就職すると言い出すかもしれません。そうなるともう卒業式しかない!大学も受験してもひょっとしたら受からないかも、受かっても気まぐれな次男は行くのや~めたっていうかもしれません。もう後がありません。

 

しかも課題提出遅れまくっています、、、。こんなだめだめな感じでお送りしますが、よろしかったらお付き合いください。