毎日ちょこっと

洋裁と庭のいろいろ

やってみてわかった通信講座と洋裁教室の違い

私のやっている通信講座は、文化服装学院のものです。

 

ここらで少し、通信講座について思ったことを書いてみたいと思います。

 

マイペースでできる

 

通信講座はマイペースでできます。周りを気にすることなく、できます。以前行っていた洋裁教室では、私が一番新入りだったこともありますが、周りは上級者の人ばかりで、コートやワンピース、スーツなんかをバリバリ作られていました。その中で私一人ボタン付け~とかやっていました。

 

初心者だけ固まってするタイプの教室もあるようですが、私の行っていたところは初心者も上級者も一緒でした。

 

初心者がいきなりむつかしいのはできないのは当たり前なんですが、少しさみしかったです。今思えばそんな事気にするものではなかったのですけどね。

 

受講費が安い

 

これはもう、安いの一言です。今やっているものは、期間が1年なのですが、無料でもう1年延長できます。延長したとして、2年間49000円(2017年4月改定)でできるのはなかなか魅力です。テキストも充実しています。ただし布とか材料のお金はかかります。これは通常教室に通ってもかかります。でも周囲の目を気にしなくていいから、安い布地とかで節約することはできます。もちろん教室でも布地の値段までは指定されませんが、どうしてもお隣さんの物が気になったりして少しランクアップした布地を買ってしまうかもしれません。

 

都合のよい時間にできる

 

なんか通信講座の売り文句そのままみたいですが、そのとおりです。毎週何曜日は、洋裁だから早く帰らないと、とかいうのがないです。空いている時間にやればいいだけです。それにほんの少しだけ、とかでもできるので、やる気のある時は隙間時間にできます。やる気のある時ですけどね、、、。

 

ただこれは、利点でもあり、欠点でもあります。私はどうしても時間が空いているとさぼってしまうので困りものです。

 

他の人を参考にできない

 

教室では他の人がいる分、周りの人の、良いところ、悪いところも見せてもらえるのでためになります。特に失礼なんですが、悪いところ、つまり失敗されているのはとても参考になりました。先に失敗してくれるので自分はそれを回避できます。それらを数多く見せてもらえるので経験豊富になります。もちろん私も初心者ならではの失敗をして、笑いを取り、場を和ませていました、、、?

 

失敗以外に参考にしていたのが、布やデザインの選び方です。どうしても自分一人だと、考えが偏ってしまうのですが、周りの人の作品を見て、こんな風に布を選ぶのも新鮮だなとか、こんな縫い方もあるんだなとか、視野が広がりました。

 

わからない事は自分で解決する

 

課題をやっていて疑問点がでてきたら、自分で調べないとだめです。通信講座でも先生に聞けますが、いちいちこれこれこうです、だからここがわかりませんと書いて送らないといけないのです。しかも

 

全期間を通して質問回数は

 

『 各課題につき1回とし、最大8回まで 』 

 

となっています。いや、もっとあるでしょ、わからないこと、、、。小さいことから大きいことまで、、、。それらはほとんど自分で調べて解決するんです。これはデメリットではなくメリットでもあります。やはり自分で調べたことは身に付きやすいし、忘れにくいです。ただ時間がかかります。今はインターネットのお陰でずいぶんと調べものが早くなりましたが、それでもかかります。

 

ただ調べていると妙に詳しくなって、知識はつくんですが、肝心の洋裁の腕前はあがりません。

 

自分の物しか使えない

 

教室では他人の物を勝手に使える、という意味ではありません。教室にあるいろんな備品を使わせてもらえるということです。

 

たとえば私の場合ロックミシンです。持っていないけど、買いたいけど高価なので無理です。教室では自由に使えました。ちょっと腕前が上がった感じの仕上がりになってうれしかったです。

 

テキストが詳しい

 

教えてもらう方が詳しくわかると思いますが、自分でするなら市販の洋裁本よりも詳しく載っています。他にも原型の書き方や、補正の仕方なども書かれているので、テキストだけでも値打ちがあると思います。上級者の方や、もうすでに知っている事ばかりだという方には無駄な部分があると思いますが、わたしにはこれ全部活用できそうです。

 

まとめ

どっちがいいとは言えないかもしれません。当たり前のようですが、選ぶなら目的別だと思います。私はジャケットが最低限できればいいのでこれで十分です。まだ出来上がっていませんが、、、。

 

子育てとか、仕事が忙しいなどの理由で、通う時間がない方はとりあえず通信講座で、もう少し時間ができたら、とかもっといろいろ作れるようになりたいと思われたら教室に通うといいかもしれません。逆に時間がないけどやる気はある、という方にも教室はおススメです。なぜなら短時間でいろいろ先生に教えてもらえるから、通信よりも疑問点は早く解決します。

 

とにかくやってみることがいいのではないでしょうか。私も亀の歩みですが、なんとか原型を書くことができました。たぶん受講していなかったら原型を書くなんてやらなかったと思います。自分サイズの服を作ることもしなかったでしょう。

 

生活にもメリハリができます。洋裁をやりたいけれど、、、と迷われている方はやってみてはいかがでしょうか。